弔問客が少ない家族葬は魅力的

今の時代のお葬式には様々な形がありますが、そのひとつとして近年採り入れられているのが家族葬という形式です。これは、その名前からもわかるように家族によるお葬式です。一般的なお葬式の場合、例えば故人や喪主などが会社勤めや商売をしていたような場合には、仕事関連の方々も招くこととなります。それ以外にも近所の方々や友人関係も招くことになるでしょう。しかし、家族葬の場合、あくまでも家族や親戚だけを呼び、その他の方には声をかけないという形になります。

無論、誰を呼ぶのかということはそれぞれの家族が考えるべきことですし、お葬式に際しては故人の家族は仕事を休むことになる場合もあって、そうなると会社の方にも一部知られてしまうため、どうしても会社の側から参列したいと言われることもあります。このような場合、今後の関係もあるために拒むことも難しいでしょう。そのため、最低限の受け入れは仕方がないにしても、それでも一般的なお葬式を行った場合と比較すれば、圧倒的に参列者の数は少なくてすみます。

多くの方が参列する一般的なお葬式を行うとなれば、特に会社関係の方々への挨拶などに時間をとられます。通夜振る舞いの席においては、家族は椅子に座る暇がないほど、会場内を動いて挨拶に回らなければならないということもよくあります。そうなると、落ち着いて故人と向き合う時間や、家族同士で故人の思い出を語り合う時間などが取れなくなります。過去にこのようなお葬式を経験して、後悔してしまっている方も世の中にはたくさんいるのです。そして、こうした思いの中から生まれ、今や主流のひとつになってきているのが家族葬という形式です。

家族葬には、親族以外誰にも声をかけずに本当に家族のみでお葬式を行うケースや、親戚だけを呼ぶケースなど様々なパターンがあります。いずれのケースにしても、落ち着いて過ごすことができるとあって、人気のあるお葬式の形式です。そのため、これから家族のお葬式を行うにあたり、どのような形でお葬式を行うのが良いのかを現在検討中ということであれば、数多くある中から家族葬を選ぶことも選択肢の一つです。